2010年08月19日

四十肩・五十肩治療に効果的-アイロンを使った体操

五十肩治療にはアイロンを使った体操を。(正式には、コードマン体操と言います)

  1. アイロンなど、重いものを手にぶら下げる。
  2. 腰を折り曲げ、反対側の腕でテーブルにもたれかかる。
  3. アイロンを前後にゆっくりと振る。
  4. アイロンを左右に振る。
  5. アイロンを円を描くように振る。

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩とは、40代50代の人に起こりやすい肩まわりの炎症のことです。老化による筋肉の衰えなどが原因となって、骨の動き方のバランスが崩れて、炎症が起こります。

四十肩・五十肩は肩の動きを妨げる

四十肩・五十肩は、普段しない姿勢をとったり、急に腕を伸ばしたときに起こります。肩に激しい痛みとともに、腕が上がらなくなったり、腕を後ろに回すことがしにくくなります。

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩は、普段しない姿勢をとったり、急に腕を伸ばしたときに起こります。肩に激しい痛みとともに、腕が上がらなくなったり、腕を後ろに回すことがしにくくなります。

四十肩・五十肩の直し方-その他

  • 五十肩に効く温泉に入る
  • 五十肩のための体操をする
  • 漢方治療
  • つぼ(ツボ)治療
  • 針治療・針灸
  • レーザー治療
  • 整体(カイロプラティック)

※五十肩になったら、痛み止めに効く薬や、体操、リハビリテーションをしっかり行うためにも整形外科に行きましょう。名医を見つけられることを祈っています。

※サポーターやテーピングは、筋肉の衰えを招く可能性もあるので、使いすぎには注意。

四十肩・五十肩の予防と治療

四十肩・五十肩の予防と治療の基本は以下の3つです。

  1. 正しい姿勢
  2. 暖める
  3. 体操

四十肩・五十肩が起こったら-応急治療法とリハビリテーション

五十肩が起こってしまったときの、応急治療法です。

  1. 三角巾で腕をつって安静にする。(痛みが強いときは、 氷か冷たいタオルで冷やす)
  2. 徐々にコードマン体操を始める。
  3. 3〜4日したら、ようすをみてゆっくりと肩を温めていく。

五十肩

五十肩治療には、どんな治療法が使われているのかと言えば、五十肩のための体操などの治療方法がありますが、他にも治し方は色々あるようです。四十肩(40肩)とも言われる五十肩の症状は、体験した人にしかわからない激しい痛み。痛い思いをする前に予防することが大事です。ストレッチなど簡単な運動は常に欠かさないようにして、しびれや痛みで手術になったりしないように予防しましょう。では、五十肩の対処法・解消法をチェック!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。